農福連携はたのしい

 今日はここ最近で特にココロが満たされた時間を過ごしました。

今、働かせて頂いている福祉施設でのこと。障がいを持った方のお仕事、生活をサポートする仕事をしています。

f:id:tommy1031mel:20180419220500j:plain

 今日は1日かけての畑の草集め作業。みんなで一列に並んで、レーキを使って草を外方向にかき集めます。

これが結構体力仕事で地味な作業。 

 

・細かい作業が苦手なTさん

午前中はレーキの使い方のコツがうまくつかめづ、持っても直ぐに放り投げてしまっていた。苦手だから仕方ないかと、得意な草集め&運び作業へシフト。

 でも、みんなが並んで楽しそうに作業しているのを見て、午後にはチャレンジするとのこと。何度も職員に教えられながら、レーキをかけられるようになりました。

 

・他の人が近くに来るのが苦手なIさん

初めはみんなと距離をとって作業していましたが、みんなが一列に並んでいるところをじっと見ていた。自然とみんなが集まっているところに寄ってきて、自ら横に並ばれました。

 

・体が思うように動かず、最近作業をお休みしがちなSさん

お年もあって「体がついてこないのは仕方ないので、見学でもいいよ」という職員の声かけで、畑には来るものの、隅で座っていた。でも。みんなの楽しそうな雰囲気につられてか、最後には自分の意思と自分の足で立ち上がり、最高の笑顔でレーキ持って駆け寄ってきて、作業の締めを独り占め。笑

 

・普段からがんばり屋さんのKさん

今日は暑くて汗をだらだら流しながらも、誰よりも一生懸命に、率先して作業してました。でも最後の締めはSさんに。おいしいところはとこは先輩に譲ったのでしょうか。

 

畑一反を草集めなんて、一人でやったら体力的にヘトヘトに、精神的にココロ折れそうになるだろうところを、みんなでやることによって、

「みんなでやり切ったー!!」

っていう達成感と団結力の深まりを感じました。

最後にはみんなで拍手。からの記念撮影までしました。

 

障がいと一言で言っても、みんな個性があって、得意不得意がある。

それは健常者と一緒。

ここでは日々たくさんの方の「できた!」を一番間近で見られる。

その喜びを共有させてもらえるなんて、本当幸せ。

たくさんの笑顔が見られて、また、自分もたくさん笑顔にさせてもらってる。

 

『農福連携』

今、農業で一番アツいワードだと思います。

たんたんと

4月に入ってから、暑くなったり寒くなったり、雨が続いたり。

忙しい天気の変化が続いていますが、

植物はただ淡々と育っています。

f:id:tommy1031mel:20180418231916j:plain

4月5日(木)

f:id:tommy1031mel:20180418232005j:plain

4月9日(月)

f:id:tommy1031mel:20180418232032j:plain

4月12日(木)

f:id:tommy1031mel:20180418232103j:plain

4月16日(月)

 

日々成長しています。

こんな時期にいちじく定植

昨日の事。

普通の教科書や作業書には

“苗木の植え付けは根の動き始める3月中旬に植える”

と書いてありますが、暖かい日が続く4月中旬の昨日、やっと定植しました。

 

f:id:tommy1031mel:20180415224536j:plain

珍しい品種のいちじくも試して見たいと思い、こちらは仕立てをせずに、自然形での栽培予定。

 

分かっていましたが、ご覧の通り、芽が出はじめ、葉も大きくなっているので、根も大分伸びていました…。汗

本来では、根が動き始める前に定植し、根が伸びるタイミングで土に根付かせるのが理想的です。が、畑の整備が間に合わず、定植期を延ばし延ばしにしてました。

 

そこで、軒下に放置されたままの苗木を見た祖母が、しびれを切らして、手伝ってくれるとのことで。雨予報の前になんとか植えてしまいたい。

 

いざ定植しようと畑に行くも、あちこち測量したり、そのメジャーが絡まったりで、なかなか進まず…。

そんな時にも祖母は「メジャーが使えんのなら歩数ではかり。」とずんずん歩いて、次々と植える場所に目印を置いて行く。

f:id:tommy1031mel:20180415225844j:plain

圧巻。

農業40年もやってると慎重さと思い切りの使い分けが上手い。

そりゃ常に最高のコンディションを造ることがBestだけど、時には100%最高の環境を作って植付け時期を延ばすよりも、60、70%の環境でもいいからて適正時期に植えることが大切。そこから必要に応じて環境を整えたり、カバーして行く。

BestよりBetterですね。

そういう臨機応変さを身につけて行こう。

 

おかげさまで雨が降る前に植付け終わりました。

f:id:tommy1031mel:20180415224846j:plain

苗の周りが草だらけや。泣

雨がやんだら早く草取りしなくては。

セイタカアワダチソウ

先日載せた草の名前がわかりました!

f:id:tommy1031mel:20180415214704j:plain

「セイタカアワダチソウ」という野草だそうです。       

セイタカアワダチソウ - Wikipedia

そして、気になっていたのが、この草の周りには枯れた茎がたくさん散らばっていたこと。

f:id:tommy1031mel:20180415214907j:plain

Wikipediaによると「種子だけではなく、地下茎でも増える」とのこと。

f:id:tommy1031mel:20180415214929j:plain

確かに、去年の物であろう枯れた茎の下から、また新しい茎が生えてた!

なるほどね。一見枯れ果てたように見えていた畑も、土の中では植物が生き続けていたわけですね。

 

 

さらには

(Wikipediaより)

“湿地や弱アルカリ性の所を好むが、適応性が広く、かなり乾燥するところや日があまり当たらないところでも良く生える。人の手が入った空き地、休耕田や川の土手、鉄道のバラスト軌道にもよく生えている。リン分が多い所ではよく成長する。湿気が多い土地では根からアレロパシー物質が浸み出すので、競合する多年生草本(日本ではススキ)を抑えて強い。”

だそう。

排水悪くて、休耕地、土壌診断ではりん酸過剰気味でしたので、

この子が成長しまくるのもうなづけました。

 

さらに、調べると面白いことが。

このセイタカアワダチソウにはアレロパシー(他感作用)という、他の植物の成長を阻害する物質を放出する効果があるそう。

アレロパシー - Wikipedia

なるほど。どおりで、周りには他の野草がほとんど生えていなかったのはこれが原因だったわけか。

 

奥深い。野草。

寒の戻り?

先週の暖かさから打って変わって、一昨日から寒い日が続いていますね。

最近はスキマ時間を使って畑の草取りと石拾いをしています。

f:id:tommy1031mel:20180408234855j:plain

ほぼ休耕地と言っていいほど、休ませられている畑。

春になって暖かくなってきたら一斉に野草が生い茂ってきました。

茎よりも長い根っこ。

f:id:tommy1031mel:20180408234909j:plain

よぉく見ると、根の最後の方が、縦方向に伸び続けるのではなく、ある地点から横にぐるぐると横に巻きながら伸び続けています。

土の中で、これ以上、下に伸び続けられない何かがあったのかな。  

それとも性質なのかな。

 

名前が分からないのですが、この種類の草はほとんどがこの形になってました。

また原因が分かったらこちらに報告します。

 

新芽がまぶしい季節です

暑い日が続きますね。

今年は3月末から一気に暖かくなり、春が急に訪れたので、植物もビックリしているでしょうね。

 

f:id:tommy1031mel:20180405234931j:plain

最近出たいちじくの新芽。

地味目な色の枝から出た、鮮やかな黄緑色が、気持ちをパッと明るくしてくれます。

この芽が伸びてゆき、夏までには1m以上も伸びます。

そして、伸びた枝の節にいちじくの実が成ります。

成長が楽しみです。  

 

f:id:tommy1031mel:20180405235033j:plain

こちらは先月剪定した柿の木。

徒長枝を伸ばす方法で剪定したので、こんなに上にグングン伸びています。

f:id:tommy1031mel:20180405235057j:plain

横から見た写真。

ちょっとやり過ぎ!?とも思いますが、

何事も実際にやってみないと気が済まないたちなので…成果は今年の秋に分かります。

 

さて、明日からは雨。来週は雨続きで、気温も下がるようです。

植物が季節を混乱してしまうのではないかと心配です。

あまり寒く成り過ぎないように願うばかりです。

Cutting

 

今日から新年度ですね。

私の生活環境は変化ありませんが、心機一転、気を引き締めていきたいと思います。

f:id:tommy1031mel:20180402001518j:plain

(お気に入りのWAZA WAZAの日めくりカレンダー)

 

さて、先日の記事のタイトルにちょっと間違って書いたのですが

「挿し木」を英語では“Cutting”と言うそうです。

Baby fig treeだと1年目の幼木って感じでしょうかね。

 

 

最近はずっと天気がいいので、畑の作業がはかどって助かります。

本日は

朝:いちじくの揷し木の水やり

昼:未来のいちじく畑の耕運

夕方:いちじくの揷し木の藁かけ・水やり

な感じで一日いちじくです。

 

今日はトラクターデビューしました!!

f:id:tommy1031mel:20180402001437j:plain

 せっかくのトラクターデビューだったのに、余裕がなくて乗ってる写真を撮り忘れてしまいました。なので、耕起後の写真。地味ですが。

それにしても機械の力は凄い。プロ農家さんだと田んぼ1枚を1時間もかからずに耕起できちゃうそうです。(私は今回2時間近くかかってしましました。泣) 

 

f:id:tommy1031mel:20180402002526j:plain

 

挿し木も乾燥対策のために藁を敷きました。

芽が太陽の方を向くように挿し木してみました。

なんだか「芽」が「目」に見えて、笑っているように見せんか??

 

この芽がすくすくと伸びて、地下に根を張らせてくれるよう、お世話していきます。