藁しばり

1月21日(日) 8℃ 今日は久々に一日中畑で作業。 この時期は早朝は霜が張って作業できないし、日が落ちるのが早いので、 日中に作業できる日は本当に貴重。 今日は乾燥させていた藁を、畑の外へ出すために、まとめて、運びやすくする作業をしました。 (…

土壌診断のための土採集

未来のいちじく畑にて、 昨年の稲刈りが終わってから、そのまま田んぼの中に残しておいた藁を乾かす作業をしていて、ずっと気になっていたことが… 田んぼが全然乾かない&異臭がする!! 初めは水はけが悪いからと容易に考えて、とりあえず藁しばりまで完了さ…

ママ目線

今日は学生時代からの友人と食事へ。 ちょうど料理の話になって、 「食品(野菜)を選ぶ時の基準は何?」という話へ。 Aちゃんは2児のママ 「お肉や魚は出来るだけ国産のものをって基準で選んでるけど、野菜はほぼスーパーに売ってるものはとんどが国産だか…

農業のミライ

今日は2018年初めてのAICの講義でした。 今日のテーマは「農業のミライ」。 現在の農業分野でミライを感じるトピックから始まり、この国の農業はどこに向かっているのかまで。 ミライを感じる芽 例えば、数年前から農業分野で導入されているドローンの可能性…

新年でしたね。

早いもので、2018年も1月10日です。 この10日間は年末よりも断然バタバタしてしてまして。中身が濃すぎて、あっという間ではなく、まだ10日しか経ってないのかぁ。という心境です。 先日、やっと役場の産業振興課に認定新規新規就農者の申請を前…

続・藁寄せ

少しずつだけど、コツコツ藁寄せに畑に通っています。 最近は朝グッと冷え込むようになり、霜が降りて、藁が湿っていて冷たい。 乾きにくくなるかなと思いつつも、昼間に陽が出て乾くことを祈ってしばっちゃう。 明日は雨予報。どうか子雨ですんで欲しいとこ…

AIC収穫祭

週末に通っている農業大学(アグリイノベーション大学)AICの収穫際におじゃましました。 農場主実習は京都の城陽市に圃場があるのだけど、何と城陽市は京都で最もいちじくの生産が盛んな街だそうで、農場の周辺にのいちじくの圃場がちらほら。 さらには先輩…

藁寄せ

12月2日(土)晴れ このところ、まとまった時間を畑で過ごすことが出来きなかったのですが、やっと一日中フルで費やせる日が!! 今後、水田転換していちじくの圃場にしようと考えている田んぼの藁寄せ。 本来だったら、稲刈りの時に刻んですき込む藁を、 稲…

栄養士として

10年以上前のことになりますが(遠い目)、大学受験は栄養学科ばかり受験しいて、将来は栄養士として働くことしか考えてなかったな。 今振り返ると結構早い段階で栄養士の道を進むことを決めていたことをつい昨日まで忘れてた。 実際に栄養科に進んで、資…

玉ねぎ栽培(畝作り)

今年は玉ねぎ作りに挑戦しようと思い、早速畝作り! とはいえ、ぶっつけ本番な部分もあったので、汗 とりあえず 耕運機で耕す→苦土石灰、腐葉土をまく→再度耕運機で耕す→鍬で畝作り→レーキで平すところまで。 今回は、家庭菜園程度だけど、目標は5月にちゃ…

柿納め

気がついたら二週間近くブログを書いていなかった! 昨日は家の柿の最終の収穫でした。 いちじくもほとんど収穫が終わって、今年は9月、10月の台風や雨が続く日が多くてどこも大変だったよう。自然を相手には人間は無力とはいうものの、その被害をどれだ…

おたより

今日も朝から雨。 でも今日は嬉しいお便りが。 大好きなコーヒーショップWORK BENCH COFFEE ROASTERSのコーヒーチケット&ステッカー。 これは、こちらのお店が大阪に2号店を出店する際にクラウドファンディングで、エスプレッソマシンの購入資金を募集してい…

あまり知られていないけど実はすごいこと。

一週間雨が続いてるかと思ったら、最後の最後に台風とは…。 もう勘弁して。 最近はいちじくの色々を調べたりしてます。 今日は、日本で手に入るいちじくの品種を片っ端から検索。 今のところの調べでは最低42種類、日本各地から手に入れることができるよう。…

また柿

今日は家の畑仕事のお手伝い。 今年は本当に柿の生りが良くて、形が良くて、味も甘みがしっかりのってて、なかなかの出来のようです。 早秋、禅師丸、太秋、渋柿、次郎柿と、どんどん色づいてくるので収穫に追われる。 今週はずっと雨の降り続いている中、貴…

幻の黒いちじく

「こんないちじく見つけたよ〜」 「食べたことある?」 って送ってきてくれた写真。 「私いちじく苦手なんだよぉー。」 と言っていた姉が市場で買ってわざわざ持ってきてくれました。 今でこそ栽培している農家さんも増えてきているけど、まだ認知度はそんな…

雨・雨・雨

今日は久々に畑仕事が出来るはずだったけど、あいにくの雨。 この時期に雨が続くといちじく農家はほんと辛い…。 雨が降ろうが収穫は毎日するし、雨がかかった実はすぐに乾燥させて、それでも雨がかかると傷みも早くなるし。 家のいちじくも収穫したものの、…

にじんだりゆらいだり

今日はAIC第二回目の講義でした。 今日のテーマは『地域の問題解決と地域資源活用』 講義では自分の地域資源をどのように活用するか? それぞれ考えて互いにアイディアや意見を交換し合い。 地域おこしのためにまちのどんなことをアピールするか。 売れる商…

農福連携

最近、農福連携という言葉をよく聞きます。 働く場所としての農業と、働き手としての障がい者をつなぐこと。 だそうです。 農業もまだまだ学びの途中ですが、こういう形の農業もあるんだなと。

稲刈り

今日は稲刈りでした。初めての稲刈りでしたが、なんとか終了。 虫にたくさん囲まれ、時に蛇に遭遇し、農業は自然の中でやらせてもらってるんだなぁと気づかされる。 藁は乾燥させていちじくの畝に被せるためにとっておきます。

1年生

今日から週末農業大学に通います。 ということで、入学式行って来ました。 初日から、打ちのめされるほどの同期のみんなの熱量。 農業大学とはいえ、同期のほとんどの方は社会人、かつ異業種で農を学びに来た方が多いのでかなり刺激的。 大阪で開催されてい…

地産地消で地元は元気になる?

前回のブログで 「いいものを作ったら売れていた時代から、いいものを作って、それをちゃんと届けるまでが「作る」までになっている今。ここがすごく大事だと思う。 って書いたのは、自分の中でメンター的存在の西野亮廣さんの本やブログからかなり影響を受…

大きなお土産

今日はアルバイトの面接に行きました。 研修中は無給だったので、いくら就農準備中とはいえ、お金が出ていく一方はつらい。これから週末農業大学にも通うし…。 食のことをもっと見直したくて農業に関心を持ったので、食のことはこれからも関わっていきたく、…

桃栗三年柿八年

今日は家の収穫のお手伝い。 量は多くなくとも、いちじくから始まり、ぶどう、柿、みかん、びわと一年中果樹が取れるのは普通のようで、全然普通じゃなくて、じいちゃん、ばあちゃんのお陰だなぁって思った。 桃栗三年柿八年って言うけど、柿がこんなになる…

オーガニックは善なのか

自然農法とか有機農法とか慣行農法とか農業の仕方にも色々あるけど、 自然だからそれが絶対いいってこともなく、農薬は絶対の悪でもないと思う。 ここ数年で“オーガニック”や“有機・無農薬”って言葉が一気に広まって、もはやオーガニックブームかって思うく…

圃場・はじめの一歩

今日は今後圃場を作る農地の計測してきました。 田んぼの周りを行ったり来たり。 ちょっといびつな形の土地なのですが、 947.36㎡で約9.5畝。 ありがたいことに、使わせてもらえる農地があるので、この田んぼを稲刈り後にいちじくの圃場へと生まれ変わらせて…

変わるもの、変わらないもの

農業はずっと身近な存在でありながらも、実際の栽培に関してはど素人… まずは基礎から。 右は研修先の農家さんからお借りしたもの(発行 昭和62年) 左は書店で購入した、知人のオススメのもの(発行 平成27年) 約30年経っても変わらないところもたくさんあ…

秋の味覚

今日はずっと前からお世話になっている料理教室に行ってきました。 この講座は毎月テーマが変わる単発Lessonで今回のテーマは 「お弁当に使える“たね”&秋の行楽弁当」 秋の旨味の炊き込みおこわ 蓮根つくねの照り焼き きのこときのこの春巻き かぼちゃ餡のお…

♯いちじくタルト

今日は研修の後に、ケーキ作り。 レシピはクックパットで、飾り付け方はInstagramのハッシュタグで検索。インターネット様様。 Instagramは本当にアイデアの宝庫ってくらいにいろんな情報が得られるから面白い。 おしゃれな写真や面白そうなコト、モノがごろ…

農業は科学

今日は研修先でまた新たな学び。 いちじくの生育に必要な「養分」について。 養分の三要素の 「窒素・リン酸・カリ」 窒素は木・葉・実の生育に欠かせない成分 リン酸はいちじくの甘さを作るために重要な成分 カリは実を大きくさせる働きを持つ。 バランスや…