こよみときこう

今日も師匠のところでいちじくに栽培を学んできました。

今日の作業は昨年の新趙を誘引していたビニール紐の取り外し。

来月の始めには始まる前年の新趙の剪定作業をスムーズに行う為の下準備です。

 

f:id:tommy1031mel:20180224234808j:plain

コレ、目線より上のあたりに結び目があるので、一瞬んで外れるんですが、これを延々続けると結構腕と肩にくる…。でも、外すのは一瞬けど、結ぶ時はもっと時間がかかって手間がかかっているんだろうな。

 

ちなみに、なぜ剪定を3月にするのかと言うと、寒すぎる時期だと剪定した木の先が枯れない様にするためですね。

下の写真は

その例。この枝は後でもっと下で切るため、枯れてしまっていますが問題無いそう。

f:id:tommy1031mel:20180224234759j:plain

なるほど。

作業暦というおおよその栽培計画がありますが、その年の天候に合わせて、タイミングをみて作業するのですね。植物を相手にするって臨機応変に、状況に合わせて最善の

手段を選ぶことが大切なのですな。