こんな時期にいちじく定植

昨日の事。

普通の教科書や作業書には

“苗木の植え付けは根の動き始める3月中旬に植える”

と書いてありますが、暖かい日が続く4月中旬の昨日、やっと定植しました。

 

f:id:tommy1031mel:20180415224536j:plain

珍しい品種のいちじくも試して見たいと思い、こちらは仕立てをせずに、自然形での栽培予定。

 

分かっていましたが、ご覧の通り、芽が出はじめ、葉も大きくなっているので、根も大分伸びていました…。汗

本来では、根が動き始める前に定植し、根が伸びるタイミングで土に根付かせるのが理想的です。が、畑の整備が間に合わず、定植期を延ばし延ばしにしてました。

 

そこで、軒下に放置されたままの苗木を見た祖母が、しびれを切らして、手伝ってくれるとのことで。雨予報の前になんとか植えてしまいたい。

 

いざ定植しようと畑に行くも、あちこち測量したり、そのメジャーが絡まったりで、なかなか進まず…。

そんな時にも祖母は「メジャーが使えんのなら歩数ではかり。」とずんずん歩いて、次々と植える場所に目印を置いて行く。

f:id:tommy1031mel:20180415225844j:plain

圧巻。

農業40年もやってると慎重さと思い切りの使い分けが上手い。

そりゃ常に最高のコンディションを造ることがBestだけど、時には100%最高の環境を作って植付け時期を延ばすよりも、60、70%の環境でもいいからて適正時期に植えることが大切。そこから必要に応じて環境を整えたり、カバーして行く。

BestよりBetterですね。

そういう臨機応変さを身につけて行こう。

 

おかげさまで雨が降る前に植付け終わりました。

f:id:tommy1031mel:20180415224846j:plain

苗の周りが草だらけや。泣

雨がやんだら早く草取りしなくては。