おすぎと…。

雨が上がって暑い日になりましたね。

最近は畑も新緑が青々としていて、見ていて気持ちがいいです。

f:id:tommy1031mel:20180427000003j:plain

キウイの花が満開になりました。

 

キウイの木には雄木と雌木があって、両方がないと受粉することができないため、実がならないそうです。

始めて知りました。

 

ちなみにこの木は「早雄」という木で、オスの受粉木なので、果実はなりません。

キウイの雄木は一本で6〜7本ほどの雌木を受粉させることができるそうです。

 

品種にも黄色系と緑系があるので、

黄色系メス×黄色系オス

緑系メス ×緑系メス

ということになります。

 

ここに、各品種開花時期が異なってくるので、どんな品種を近くに植えて、受粉させるかが大切。

 

この「早雄」の近くには、「ゴールデンキング」が植えてあります。

f:id:tommy1031mel:20180427000020j:plain

ただ、ゴールデンキングは開花時期がもう少し遅い品種なので、受粉できるのか…。

明日は改めて雌木を観察して見たいと思います。